読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェンオイルが激安!チェーンチェインオイルは大手通販サイト販売だから安心!チェーンルブロードレースを買うならココです

で!商品が届いたのですが!膝を怪我してしまいしばらく自転車に乗れず試すことができません。レビューとして役にたたずすみません。気温35Cで50kmほど走った感想です。

2月14日 オススメ商品♪

2017年02月14日 ランキング上位商品↑

チェーンルブ ロードレース チェーン チェインオイル チェンオイルAZ BIc-006 自転車用 チェーンルブ ロードレースSP+1高粘度タイプ 50ml (自転車チェーンオイル チェーン油 潤滑剤 自転車オイル 自転車油 チェインオイル チェンオイル)

詳しくはこちら b y 楽 天

雨続きで自転車に乗れていませんのでまだ未使用ですが!ロードレース用が高評価だったので期待を込めて星4つにしました。今までの使用感から、このオイルも期待していたのですが・・・。このオイルはSimanoPTFEドライルーブより粘度は高めですがチェーンがなめらかに動き音も静かになりました。(笑 後述するいずれよりも「点眼」のピンポイント性と流量のコントロールがしやすく!チェーンのリンクの狙ったところに「ぴとっ」と1滴でも2滴でも!すっごく細かく刻んで注油できるのです。以前はタクリーノ ロードチェーンオイルというのを使っていて、なかなか軽かったんですが、ロードレースSP+1も同じ軽さを味わえました。リヤカセットはオイルが回り汚れます(笑)以前使用のW社チェーンオイルは!150kmくらいで音に変化ありました(サラサラオイルですが)。商品タイトルどうりです。値段はこっちのほうが安いのでいい買い物でした。いや!痒いところに刺しちゃだめよ。用途はレースではなくサイクリングなので、容量も多いB1-004でよいのかな。タクリーノの方に比べたらマシな方です。ここ最近はずっとAzさんのチェーンオイルを使っています。注油した後、しっかり拭き取ったつもりですが凄く汚れます。いままでB1-004を使っていしたが!今回はこちらを購入してみました。。なるほど暑い時期には良いですね。高粘度タイプとありますが!注油した時には意外にサラサラとした感じに思えました。SimanoPTFEドライルーブから乗り換え。チェーンは汚れますがオイルの飛び散りは少ないです。耐水性の部分については!雨の日には乗らないので判りません。雨何ぞ降らなくても100kmも荒川CRあたり走って帰って来た日にゃ、まぁ真っ黒である。ボトルはオイルが挿しやすい形状で!オマケに交換用の先が付属しているのも嬉しいポイント。 Wetって聞くと!雨に強い!まぁそうなんだが!ご存知の通り!よごれるよごれる。今年は使い始めが遅かったので、来年は梅雨前あたりから使ってみます。これは痒いところに手が届いたって感じ。走行性能重視のオイルで汚れを気にされる方は別のオイルにするのが無難です。チェーンへの浸透は良さそうで!ほこりも着きづらいのかなと感じました。オイルを変えて300km走ってみました。ホイ−ルのリム、スポ‐ク飛び散りまくりです。リヤディレーラーにガタが出始めているにもかかわらず、このサイレント性は素晴らしいです。レビューを書くともらえるハンドクリーナーも大変に重宝しています。汚れに関しては、ウェットタイプの宿命で結構汚れます。ロードレースSPと比べて高粘度という事だけど!この時期の気温だと思ったよりも粘度が高くなくそこそこ使いやすそうな印象はあります(比較対象がFL緑ですが)。塗って一踏みめ!明らかにウエット感でチェーンがベールに包まれたかのよう!です。乗った感想は!極圧タイプじゃない方に比べて少し重さを感じました。前回は B1-004を購入したので、今回はこちらを注文してみました。B1-004 ロ−ドレ‐ス用が良かったのでこちらの品を試しに使ってみました。 このルブは!雨天ではなくて!高気温の時かつ長距離を狙ったもののようだ!なので!湿度に対して高粘度ではないのかな?秀逸なのは!この先っぽ。距離も!炎天!高気温の中500km近くなってからシャリ感が出ました。ロードレースと言うより長距離ライド専用としたほうが良いように感じます。それまではサイレントです。回転は滑らかですが!走った感じは私にはB1-004との違いははっきりわからず。でも!ケイデンスはあがりません(以前使用していたW社とAZロードレースに較べると)!高トルク!低ケイデンスでメンテナンスサイクルの長い方にはよいでしょうね。一般に、チェーンルブの世界ではDry, Wetでの区分けかVoodew などのように、そのどちらをうたうものでもないルブが多い。